PR

2024年メインの軽量クッカーシステムについて

登山装備
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

今回は2024年メインで使用を検討している自分のクッカーセットについて。

決して軽量性に特化しているものではなく、たま〜に登山を嗜む程度のハイカーとして、ある程度の快適性も加味しています。

もちろん未だ検討中ですが、暫定のまとめ的なものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

総重量208gのクッカーシステム

現在検討しているクッカーシステムは以下。ガス缶を除いた総重量は208gでした。

エバニューのチタンクッカーを中心とした登山用軽量クッカーシステムの画像
2024クッカーシステムの内訳
  • MSR ポケットロケット2
  • BiC miniライター
  • Wildo フォールダーカップ
  • MSR OD缶
  • エバニュー Ti solo pot NH
  • YM Cooker case S with Cozy
内訳重量
MSRポケットロケット273g
BiC MINI ライター12g
Wildo フォールダーカップ25g
エバニュー Ti solo pot NH75g
YM Cooker case S with Cozy25g
ogawand clip stabilizer10g
合計218g
ガス缶を除いたクッカーシステムの重量

OD缶含む上記の内容物をエバニューのクッカー内に収納、蓋はどうしても少し浮きますが、クッカケース(with cozy)のおかげで、さほど気にすること無くスタッキングできています。このシステムで気に入っている点は、登山中の食事に必要なもののほとんど(カトラリーは除く)がクッカー内にスタッキングできること。

OD缶を含めた重量は、現時点で388gでした。

実用例としてはエバニューのクッカーで湯沸かし、コーヒーや紅茶などはフォールディングカップで、食事は基本的にインスタントなので、クッカーケース兼コジー内でジップロックアイラップを使用して湯戻し。といった感じです。これならクッカーは汚れずに済み、匂い残りなども気になりません。

上から順にクッカーシステムへの導入理由などを記録しておきます。

MSRポケットロケット2(73g)

独自の機構で強風下でも安定した火力を提供してくれるMSRのポケットロケット2。

バーナーとしてはもっと軽量で安価なもの(BRSバーナー)がありますが「高山でも安全に、ノーストレスで湯沸かしがしたい。」ということでこちらを選択。2023年はこのバーナーしか使いませんでしたが、強風の稜線でも火を絶やすこと無く、轟々と燃え続けてくれました。大満足の一品です。

尚、この他にSOTOのウインドマスターも所持していますが、こちらはクッカー内に収まりきらないので採用は見送り。

BiC MINI ライター(12g)

何ら変哲のない、ヤスリ式のライター。寒冷地でも安定して着火可能かつコンパクトでよし。色味とサイズ感が可愛いです。

より軽さを求める方はEXOTACのNANOSPARKなどもオススメです

Wildo フォールダーカップ(25g)

登山界隈、特にUL界隈ではかなり有名、何なら定番のカップです。北欧はスウェーデン製の影響か、カラバリがとても可愛い。

軽いだけでなく折り畳めコンパクトになるので、クッカー内に忍ばせる方が多いようです。保温性は無いけれど、耐久性あり、安価なのでクッカーシステムに導入しやすいです。

後述のエバニューのクッカーにジャストフィット!

エバニュー Ti SOLO pot NH(75g)

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥6,380(2024/02/20 16:03:55時点 Amazon調べ-詳細)

取っ手を排している分軽い(総重量76g)ですが、加熱後は熱くて持てたものではないので、万人受けはしなさそうなクッカー。加熱後は手ぬぐいを挟んで扱うようにしています。

OD缶とバーナーを含め、オールインワンで携行できるコンセプトに惹かれて購入に至りました。当初は「このバンド熱くて持てへんやん。」などと購入を後悔しかけましたが、今となっては買って良かったクッカーとなっています。

YM Cooker case S with Cozy(25g)

元々はエバニューのクッカーに付属している純正のスタッフバッグを使っていました(おそらくタイベック製?)。

ただ登山で上記のクッカーシステムを使っているうちに、スタッフバッグ兼コジーになるケースが欲しくなりまして、色々と調べていたところ出逢ったのがこの製品。

純正品に比べると重量は増しますが、保温力のあるコジーとしてもスタッフバッグとしても使うことができる、一石二鳥的なアイテム。購入したのが12月頃だったので実戦投入は今後。また気が向けばブログに登場するかもしれません。

現在は受注生産のようです。タイミングが合えばご検討ください。

OGAWAND clip stabilizer(4つで10g)

ガス缶用のスタビライザーです。気に入っている点としてはガス缶が接地しなくなったこと、安定性が向上したこと、そしてこのクッカーシステム内に収納できることです。

より軽量性を求めるのならアルストor固形燃料なのでしょうが

というわけで現状のクッカーシステムはこんな感じです。本音を言えばクッカー内に収まるカトラリーも探しているのですが、なんせ新調したばかりなので買い足すのはまた気が引けます。良いカトラリーがあればぜひお知らせください。

話を変えまして

手持ちの装備類で検討した場合、アルストや固形燃料の使用を想定することで、現在より軽くすることは可能。ソロ登山時は基本的にフリーズドライやインスタント食品を湯戻しするだけなので、正直湯沸かしだけできれば御の字。ということで固形燃料やアルストの使用は毎回脳裏をよぎります。

ただやはりガスバーナーの安心感や快適性は捨てがたく、現状ではこのシステムで2024年の登山を楽しもうかなと思っています。

それにアルストに関してはほぼ完成しきったようなクッカーを所持しているので、これ以上買い足すことは無いだろうと思っています(疑念)。

またシステムに変化があれば追記したいと思います。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました