solo in the mountain#7を公開中!
動画はこちら

登山

登山カテゴリーのページです!登山カテゴリーは主に

登山装備
山行記録
登山コラム

の3つにカテゴライズされています。

登山装備の新着記事

八ヶ岳へ思いを紡ぐ。8Knotでチャリティグッズを購入しました。
ウインドシェルの決定版。アークテリクスのスコーミッシュフーディをお供に。
山と道のメリノフーディがだいぶお気に入りな件。

登山装備をもっと見る

山行記録の新着記事

烈風を超え、目指すは霧中の五竜岳
家族と共に爆風の中へ。白馬岳への1泊2日テント泊登山
群馬を見守る名峰、冬の赤城山に登ってきました!

山行記録をもっと見る

登山コラムの新着記事

山小屋でのアルコール消毒剤使用のススメ。
無題
コロナ禍での一登山者の駄文

登山コラムをもっと見る

 

登山カテゴリの新着記事

山行記録

烈風を超え、目指すは霧中の五竜岳

ネット社会の恩恵。難しい登山道でも、パパッと検索をかければ、動画や画像でその登山道について知ることができます。初見の新鮮味がやや薄れるような気もしますけれど、まぁ好き好きでしょうか。ほんとう良い時代になったものです。 まさに世は大公開時代。 しかしいくら知ったつもりでいても、実際に歩いて...
登山装備

八ヶ岳へ思いを紡ぐ。8Knotでチャリティグッズを購入しました。

思いを紡ぐよどこまでも。 脈々と受け継がれる人のイシを、果たしてどれくらい絆ぐことができるのだろうか。 なんてことを思いながら、堕落した日々を謳歌しております。 いかがお過ごしでしょう。 SNSで目にする数多の素敵な山のお写真も、こうも山に行けない日々が続くと毒だ。 そ...
山行記録

家族と共に爆風の中へ。白馬岳への1泊2日テント泊登山

全ての行動には責任が伴う。 そんなこと言ってたら何もできなくなっちゃうよ! しかしこと登山において、この言葉通りに慎重に計画・判断すべきであったと痛感したのが今回の白馬岳登山でした。 今回の白馬岳登山の大まかな計画とルート、行動時間について 今回は栂池自然園から入山し白馬大池を経由。...
スポンサーリンク
登山装備

ウインドシェルの決定版。アークテリクスのスコーミッシュフーディをお供に。

凧が最も高く上がるのは、風に向かっている時であり、流されている時ではない。 今回はアークテリクスが誇る人気アイテム、スコーミッシュフーディの使用感やサイズ感について紹介します。 自分のウインドシェル史上最も快適だったので、ウインドシェルに関しては今後もスコーミッシュで良いかなーと思ってい...
登山コラム

山小屋でのアルコール消毒剤使用のススメ。

こんばんわー。クレ(@yuruboy)です。 緊急事態宣言が解除されて以後、徐々にSNS上でも山での風景だったり、これからの登山に関するトピックを目にする機会が増えてきました。 些細なことですが、嬉しいことです とはいえ、従来どおりの登山が楽しめるように...
登山コラム

無題

テントの結露を拭い取りながら、家で帰りを待つあの子に思いを馳せてみたり 夜が明けきらぬブルーアワーに歩きだす時に感じる背徳感だったり 夜明けが近いことを色と肌で感じるあの高揚感だったり 快晴の空の下を気持ちよく歩いていると、なぜか職場の事が気になったり どこかに雷鳥でもいない...
登山コラム

コロナ禍での一登山者の駄文

コトの始まり。 中国での発生を皮切りに、瞬く間に全世界へ広がっていった新型コロナウイルス。2月頃から「これはやばいんじゃないか?」と思うようになり、コトの重大性を痛感するようになったのは、安倍総理が会見を開いた2月末頃だったように思う。 その会見を、ボクは高崎駅前のアパホテルで会見を見ていた...
登山装備

山と道のメリノフーディがだいぶお気に入りな件。

おはこんばんわー。クレ(@yuruboy)です 山と道が発売するプロダクツの中で、個人的にお気に入りなのがバックパックのMINIとボトムの5pockets shorts。 そして今回紹介するメリノフーディです。細かいことは置いといて、とにかく気張らず毎日着てしまいます。 うーんエコ...
登山装備

ウインターハイクからテント泊縦走まで。汎用性に優れた山と道THREEの使用感。

こんばんわー。クレ(@yuruboy)です。 今回は山と道が販売するバックパックONE・MINIに続く、汎用性に富んだバックパック「THREE」を紹介します。 ULに興味はあるけれど、思い切った軽量化のためのテントや寝袋の買い替えは敷居が高い・・。せめてザックだけでも軽く・・。 ...
山行記録

群馬を見守る名峰、冬の赤城山に登ってきました!

群馬遠征2日目。高崎や前橋から見える裾野の先にある名峰赤城山に登ってきました。 山麓からの眺望だけでなく、山頂からの眺めや大沼などカルデラ湖を抱える赤城山。日本100名山に選ばれる所以を垣間見た気がします。 上毛三山(榛名山・赤城山・妙義山)の名に恥じない登り応えのある山でした。 始ま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました