solo in the mountain#9を公開中!
動画はこちら
山行記録 登山

赤岳鉱泉でゆるふわハイク!での学び

thumbnail山行記録
この記事は約2分で読めます。

ピークハントだけが全てでは無いでしょう?

というわけで今回は家族を引き連れて、冬へ足を踏み入れた赤岳鉱泉へ行ってきました。美濃戸口から始まる紅葉ハイクと、赤岳鉱泉での真白な新雪ハイクを楽しむことができました。

2020年7月頃に、家族ともども暴風の中を進むこととなった白馬岳登山。この山行での学びを基に今回計画した赤岳鉱泉ハイク。

1泊2日の行程で、初日に美濃戸口から赤岳鉱泉までのんびりハイキング、2日目に赤岳鉱泉から硫黄岳まで上り、もと来た道をたどる計画にしていました。

雪降る赤岳鉱泉へゆるゆるハイク / クレさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ

美濃戸口から赤岳鉱泉までは概ね3時間程度のコースタイム。大した登りもなく難所もないのでこれならば家族全員無事にたどり着けるだろうと思っていました。

結論からいうと、1日目の夜から2日目の朝に掛けて全国的に寒波が襲い赤岳鉱泉から上は真っ白け。家族全員チェーンスパイクは持ってきていましたが、さすがに岩と雪のミックスでコンディションの悪い登山道は危ない、それこそ白馬岳の再来だ。

というわけで赤岳鉱泉までのゆったりまったりハイキングと相成りました。

美濃戸口の林道 赤岳鉱泉のカレー 赤岳鉱泉のテント場 北沢コースの紅葉 美濃戸山荘周辺の登山道の画像 赤岳鉱泉までの登山道と登山者

今回学んだことは

  • 2人用テントには無理すれば3人寝れる(内一人が犠牲に。)
  • 快適なテント泊はテント設営地にかかっている。そしてそれは早いものがち
  • つまり早出早着が正義

以上の3つでしょうか。個人的に一番上が驚きでした。

文字通り大の大人が和気あいあいと押し合いへし合い楽しい1泊2日のテント泊でした。

ではまた。

 

スポンサーリンク
kureをフォローする
yuruyama

コメント

タイトルとURLをコピーしました