solo in the mountain#5を公開中!
動画はこちら

本当に使いやすい、山と道の5-pocket shortsの魅力

登山装備
この記事は約5分で読めます。

酷暑が続く日本の夏。そんな夏の登山では湿気こそないけれど、まるで太陽に直火焼きされているんじゃないかと錯覚する暑さを感じます。テリヤキチキン。

今回はそんな暑い夏を乗り越えられる。山と道の5-pocket shortsを紹介します。

とりあえず快適の一言に尽きます。立ち尽くします。快適なあまり登山だけではなく夏場の9割はこのショーツを履いて過ごしています。

 

山と道5-pocket shortsの特徴

山でも街でも穿きやすいハイカーのためのショーツ。

山と道の5-pocket shortsはとにかく動きやすく、速乾性に優れています。その名の通り 5つのポケットが設けられており、スマートフォンや登山地図、財布などが入るようになっています。その特徴は以下に!

 

2年間何度もテストとパターンをやり直し、ついに理想とするショーツが完成した。試行錯誤の甲斐あって、地図や財布やスマートフォンにそれぞれ専用の場所を確保した五つのポケットはとても使い易い。この使い勝手を寒い季節も手放したくなかったので、その後ロングパンツも作ってしまったくらいだ。(引用:山と道HP)
  • 優れた速乾性
  • 抜群の動きやすさ
  • スマートフォン用ポケット
  • 登山地図が入る大型ポケット
  • ハンドポケットに水抜き用メッシュ
  • キーループ

優れた速乾性について

5-pocket shortsは速乾性に優れたタスランナイロンが使用されています。着心地は少しごわついたコットン製品のような感じですが、悪い感じは一切しません。またDWR(耐久性撥水加工)が施されています。

撥水加工がされているからといって濡れないのかと言えば決してそんなことはありません。夏の北アルプス縦走時に遭遇した大雨には shortsだけではなく中の下着までビショビショになりました。しかしその後山小屋に到着したあと乾燥室に入れていると、ペラッペラな下着よりもはやく乾いたのです。時間にして20分程度でしょうか、とりあえず登山時の下着は安物じゃダメだな。と感じた刹那でした。

登山の最中には岩場に腰掛けることもあるでしょう。5-pocket shortsは速乾性に優れているけれど、生地は決して薄いわけではありません。何かの手違いで鋭利な岩場に腰をかけても破れない程度の強度があります。

動きにくいと感じたことは一度もない。

夏山シーズンはほぼこのショーツで登山を楽しんでいますが、動きにくさは一度も感じたことはありません。以下山と道hpからの引用。

Gussted crotch
内股には大きなマチが入り、大きく足を広げても動きを邪魔しません。
Side slit
裾にはスリットを入れ、足を動きやすくしています。
折伏せ縫い
股ぐりとマチの裏側にはほつれにくく丈夫な折伏せ縫いを採用しています。

某洋服店などで購入した短パンを履いていると、たまーに足を上げた時等に動きづらさを感じることがありますが、こういった違和感がないのは山と道の工夫のおかげでしょう!

合計5つの便利なポケット

個人的に山と道5-pocket shortsで一番気に入っているポイントは便利な5つのポケット。登山中の食べかけの行動食を入れておいたり、スマホはもとより樹林帯での行動中など、登山中の気分転換に使用するワイヤレスイヤホンを確実に閉まっておけたり、何なら500mlのペットボトル1本が入るので本当に便利です。

キーループ 財布を入れた図。 地図を入れた写真

1st&4th Pocket
個人的にハイキング中もポケットに手を入れて歩くことが多く、これまでのショーツの手入れの悪さが気になっていましたので、手をストンと入れられるデザインにこだわりました。ポケット下部は水抜きのためポリエステルメッシュになっています。
2nd Pocket
一般的なスマートフォンにぴったりの大きさです。腰骨の後ろにポケットを配置することで足上げを邪魔せず、走っても揺れず、座って携帯をお尻で踏むこともありません。
3rd Pocket
財布などを入れることを想定して高めに配置し、ファスナーの引き手を長くして開閉しやすくしました。
Key loop
ミニカラビナをひっかけたり、ショーツをフックにかけられるよう長めのループを付けました。
このショーツのおかげで、夏山登山だけではなく夏場のパンツは全く悩むことが無くなったと言いますか
・・。迷ったらとりあえずこのショーツを履いておけば安心。くらいには重宝しています。

登山でショーツを履くという事。

今でこそ登山で見かけるようになったショーツ、いわゆる短パン派。汗をかいてもパンツの生地と触れる面積が少ないのでベタつかない、稜線の風をダイレクトに感じられる。何より動きやすいので非常に快適です。

しかし地肌がでている表面積は自ずと増えることから、岩場や登山道脇の木々で怪我をしやすかったり、雨で濡れてしまった時の低体温症のリスク、虫刺されといったリスクは看過できません。とはいえ、こういったリスクは普通のパンツスタイルでもあり得ることだと思うのです。登山中に出会う鋭利な岩場で怪我をした場合、そこに布一枚あった程度で怪我が軽くなるのか?という疑問は未だ捨てがたいものです。

登山という自然を相手にする趣味である以上、リスクを0にすることは不可能に近いものがあります。

どうせリスクを0にできないのであれば、せめて登山中に吹き抜ける稜線の風を身体で感じたいが為にショーツを履くくらいのことを、僕は自分自身に許してやりたいと思うのです。

最後に。カラーバリエーションも豊富な山と道5-pocket shortsの魅力

山と道の製品はどれも登山だけではなく、普段遣いしやすいデザインなのがとてもお気に入り。普段の生活でも今までと比べ、快適に過ごせる場面が山と道の製品のおかげで増えています。今回紹介した5-pocket shortももちろん普段使いしやすいですし、何よりカラーバリエーションが豊富なことも有り難い。何着でも持っておきたい。笑

そう思える素敵な製品です。

気になるサイズ感などは公式サイトが一番詳しく掲載されています。是非ご覧になってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました