買ったモノ

2021年、買ってよかったモノ

買ったモノ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

2021年も残すところあと僅か。

いかがお過ごしでしょうか。

今年から自分も2021年に買った中で印象深いもの、良かったと思っているものについて書き連ねていこうと思います。

とりあえず今年はアウトドア&カメラ関連です。

職業柄コロナ禍による収入減少は無かったものの、私事ながら入籍をしたことも相まって、物欲の権化と化す自分との戦いであった2021年。

戦っていた割には一つ一つの単価が高いような気もしますが、過去の自分はきっと必要だと思って買ったのですから、無駄な出費ではなかったと信じたいところ。

スポンサーリンク

使いやすいボディバッグPaago works switch(L)

登山中サコッシュに感じていた不満を一挙に解決してくれた、パーゴワークスのスイッチ。

登山中だけでない、夜行バスや電車などの公共交通機関を使う自分にとって、それなりに容量がある+フォルムが崩れない。という点でお気に入りです。

行動中でも身体にフィットしてくれ邪魔になりにくい、かつカラビナを駆使してザックに固定することもできるので、本当に重宝しています。

バッグ内の仕切りもちょうどよい感じで使いやすく、2021年に買ってよかったものの中ではダントツでオススメできます。

ぜひ防水性の高いX-Pacバージョンを販売してくれると嬉しい。

PaaGoWORKS(パーゴワークス) スイッチ L
PaaGoWORKS(パーゴワークス)
いろいろな場面に応じてスイッチ!

黒くて軽いヤツHMG Junction 2400

お次はロングハイキング本場、アメリカ発のブランドハイパーライトマウンテンギアのジャンクション2400です。

UL系のザックは他に山と道mini、山と道THREEを持っていますが、フレームが入っていたり、生地自体がDCFで高い防水性があること、ヒップベルトにポケットが付いている点に惹かれました。

初めて個人輸入しましたが、届くまでのドキドキ感だったり、届いてからのワクワク感はとても良いものでした(遠い目)。

今の所、このザックでの登山は奥秩父山域瑞牆山&金峰山でのテント泊のみ。

来年はこのザックでいろんな山へ出かけたいところです。

皆と逆周りなSIGMA 28-70mm F2.8 DG DN for E-mount

ついに壊れたオリンパスのカメラやレンズを下取りしてもらい、新たに我が家にやってきたシグマ製のレンズ。

広角側が物足りないことがしばしばありますが、今までメインで担いでいた16−35mmのGMレンズに比べると雲泥の差。

まさに軽さこそ正義を体現しています。

もちろん写りはGMレンズの圧勝ですが、せいぜいスマートフォンの画面かPCでしか見ないことを考えると必要十分なレンズだと思っています。

レンズが軽いので、写真を撮るときの重い腰を上げる感が少なくて良いのも気に入ってる点です。

QOLを上げてくれたairpods pro

続きましてはAppleが2019年に発売していたAirpods pro。

7月頃のAmazonセールで定価の8000円offという破格だったので即購入。

晴れて自分も、耳からうどんを垂らす一員です。

純正の安心感だったり、素晴らしきノイズキャンセリング、そして没入感。接続も途切れることなく、非常にストレスフリー。バッテリー容量的には少々物足りない感もあるけれど、iPhoneと同じくLightningCableを採用しているので、余分なケーブルを持っていかずに済むので無問題です。

快適なテント泊ができたSea to Summit ALTO TR1

sea to summitが発売したソロ用半自立式テント。

ソロ用でそこそこ軽く、そこそこ広く快適に過ごせるテント。僕が購入したのはメッシュ生地。ベンチレーションも大きめなので、翌朝の結露に悩むこともありませんでした(暫定)。

半自立式ということで設営には未だ不慣れな点もありますが、来シーズンはこのテントをメインに据えて使っていきたいと思います。

小さいボディーに秘めた熱意が男前なexotac nano spark

こちらはいわゆるファイヤースターター。しっかり火花が散ってくれるので、バーナーやアルストの着火に便利です。

サイズ的にも重量的にも、ライターの予備として装備に忍ばせておくとメチャクチャ安心です。

グリップの部分に火種を1つ(1個あたり約15分燃焼)収納しておけるのもお気に入り。使うことは無いのが一番ですけれど、備えあればなんとやらです。

尽きることのない物欲

自分が2021年に買った中で、特に良かったモノは以上の6点です。こうしてみると中々の出費ですね・・。

しかし、やっぱり欲しいものは欲しい・・。

資源には限りがあるということで、「一通り揃っているぞ。」「それを買うお金で、1泊2日の旅行(登山)ができるぞ。」などと、合理化するよう気をつけました。そして何かを買うときには、やはりコスパだったり口コミが気になるけれど、悩んでいる時間も勿体ないなーと感じている今日このごろ。

自分の手持ち装備に該当&類似品が無ければ、パッと買ってしまうのも大事かなと思ってます(おい)。

我慢しすぎも良くないですし、2022年も程よく手持ち装備のブラッシュアップをしていきたいと思います。

ではまた〜。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェア
kureをフォローする
スポンサーリンク
yuruyama
タイトルとURLをコピーしました