カメラ・写真

思い出を形に。フォトブック作成にはMybookがオススメ!

カメラ・写真
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

登山や旅行、友人の結婚式や日常の一場面で写真は取るけれど、たまに見返す程度でわざわざアルバムにはしない

そして見返す頻度の少なくなったデータ達がスマートフォンの容量を圧迫していく。

気がつけば思い出はすべて忘却の彼方に・・。。

それは切なすぎるのでは?

ということで今回は、アスカネットが取り扱うMYBOOKで旅行・登山で撮りためた写真をアルバムにしたので、その感想でも。

少々お高いですが、それに見合う品質で個人的には大満足。

とてもおすすめです。




スポンサーリンク

思い出をキレイに残せるマイブック

アスカネットが運営するマイブック。

高品質なことは有名なようで、各フォトブログさんでも紹介されていることがほとんど。

実際に手にとってみて分かりますが、まさに写真集のような仕上がりで、保存用のケースが付いているのも気に入っています。

家族旅行の思い出作りとして2冊程度家族にプレゼントしたのですが、どれも高評価で喜んでもらえました。

子どもの成長記録や結婚式の記録、旅行の思い出や作品作りにフォトブック作成を考えているのなら、マイブックを強く勧めたいと思います。

自分にはiPhoneに撮りためた数年間の記録を整理して、マイブックにするという気が遠くなる作業が待っています・・・。




定期的にあるクーポンを上手に利用すれば割安でフォトブックが作れる

マイブックの価格の概要
viz:アスカネット

フォトブックの相場は分かりませんが、正直お値段は結構高いと感じます。

年末に3冊作成した時はトータル2万円強の出費となり、年末年始の弱った財布には痛い出費となりました。

しかしマイブックではバレンタインや節分など、1年を通じてキャンペーンとしてクーポンコードを発行してくれています。



クーポンの適用は1冊に限定されていますが、もしマイブックでフォトブック作成を考えているなら、クーポンやキャンペーンが無いか探してみると良いかもしれません。

作成したのは計4冊。気軽なソフトカバーがお気に入り。

今までマイブックで作成してもらったのは計4冊。最初に作ったのはハードカバーでした。

マイブックの種類の画像
via:アスカネット

表にあるHCはハードカバー、SCはソフトカバーの略です。両方とも市販されている写真集のようなキレイな仕上がりで、表紙・ページの仕上がりを選択できます。

ハードカバーはTHE★写真集といった感じで、結構な厚みになります。反面ソフトカバーはページ数を増やしても薄くて軽いので、今後もメインはソフトカバーになるかなーと思っています。

フォトブックの収納。無印良品のファイルボックスにジャストフィット

フォトブックの収納

マイブックで作成したのはART-HCとART-SCという種類。ある程度統一感をもたせたかったので、どれも260Sという正方形でのオーダーにしました。

横構図でも縦構図でも無難にレイアウトできるのですが、悪く言えば少々インパクトに欠けるかもしれません。

このフォトブックの収納には無印良品のファイルボックスを使用。260Sであれば、ケース込みでピッタリ収納可能です。

フォトブックではなく、一枚一枚印刷するのも良いけれど。

アルバム作成といえば一枚一枚印刷して、好きなテープやシールでデコったり、コメントを書くというパターンもあると思います。きっと完成した時の達成感もひとしお。

ただ個人的にそこまでの技術とセンスは無いですし、アルバム作成よりも登山や旅行など思い出づくりに時間を費やしたい。




今後も写真を形として残す手段としては、気軽に作れるフォトブック作成になるかなと思っています。


マイブックではフォトブックの作成用のソフトウェアが準備されていて、PCで作業する場合はこのソフトウェアを使用します。

いくつかテンプレートが準備されている他、全て自分でレイアウトできることも可能なので、個々人のセンスを発揮できます。

今回紹介したフォトブックの他に、マイブックではカレンダー(卓上・壁掛け)やミニアルバムなどの作成も可能。気になった方はサイトを覗いてみると良いかと。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェア
kureをフォローする
スポンサーリンク
yuruyama
タイトルとURLをコピーしました