カメラ・写真

エモい写真が撮影できるソフトフィルター。ブラックミストNo.05について

thumbnailカメラ・写真
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「エモい写真」はきっとシネマティックで感動的な写真ということにしておいて、今回は約2年前に購入したケンコー・トキナー(kenko-tokina)社のソフトフィルター、ブラックミストNo.05を紹介。

夜景や逆光を映画のような写し方で撮影できるので、ポートレート撮影や夜景撮影をする方にオススメできるフィルターかと。

このブラックミストNo.05の作例向けの写真がいくつかあったので、このレンズフィルターをカメラに装着すると、こんな写真が撮影できますよーという記事になります。

ちなむと、自分は旅先での夜景撮影や風景撮影の時には、専らこのレンズフィルターを装着して撮影していました。

ただ付け替えるのが面倒だったなんて言えない。

スポンサーリンク

ブラックミストNo.05の作例写真

細かいスペックなどは公式サイトをご参照いただくとして、早速ケンコー・トキナー社のブラックミストNo.05の作例写真となります。

ブラックミストNo.05の使用前後比較

ブラックミスト装着前後での画像の違いは以下の画像2枚を見比べてください。

同じ設定・現像で書き出ししています。ハイライト部分が滲んだように写っています。なんとなくそれらしい雰囲気の写真になります。

ブラックミストNo.05について

ブラックミストは、ハイライトとシャドウ部のコントラストを抑え、まるで映画のワンシーンを思わせる絶妙なニュアンスを得ることができるソフトフィルターです。レタッチなしで、撮ったその場でシネマティックな質感を得られるのがブラックミストの魅力です。

kenko-tokinaHpより

とのこと。

今回記事にしているブラックミストNo,05の先輩にあたる、ブラックミストNo.1の強い光の拡散効果(ソフト効果)を半分に抑えたソフトフィルター。

夜景や逆光のシーン撮影で光源がぼやけた感じに映るので、公式の述べるような「映画のような写真」が撮影できます。

以下ブラックミストを使う際の注意点を簡単に残しておきます(公式より)。

望遠側では効果強、広角側で効果弱
光源の強さや種類によって効果が異なる
必要に応じて露出補正をオススメ

露出オーバー気味になりがちなので

公式にもあるように、ブラックミストNo.05を使う時は露出補正光源の調整が必要(カメラでの撮影時には必須でしょうが)。レンズを傾けてみたり、光源を手で覆ってみたりなどの工夫によって、ソフト効果はだいぶ変わってきます。

個人的には今回のブラックミストが初めてのソフトフィルターですが、露出補正にふーむと悩む時間が増えたように思います。特に日中に何も考えずブラックミストを着けたまま風景写真を撮影すると、露出オーバー気味になりがち。

どうしてもという時は帰宅後にHDR合成をすることもありますが、家に帰ってからの工程数が増えるのが苦手で・・。

あくまで夜景や逆光でポトレ撮影やスナップ撮影を楽しむ方向けのソフトフィルターだなーという印象。ただ旅先での夜景撮影も好きなので、今後もきっとつけっぱなしになりそうな気がしています。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました