solo in the mountain#3を公開中!
動画はこちら

重い登山装備・・。軽量化やUL(ウルトラライト)について考えてみた。

登山装備
この記事は約7分で読めます。

まず初めに

針ノ木岳での悪天候の元のテント泊を終えてから、今まで3回ほどテント泊を行ってきました。初回から暗に思っていて、前回の山行を終えた上ではっきりと感じたことを申し上げましょう。

登山装備が重たい!

いやーほんとに。針ノ木岳でパッキングを終え、背負ったときのあの感じが今でも忘れられません。

「え?普段山で見てた、テント泊している人のザックはこんなに重いの・・?は?」

当時は登山する気が失せるどころか、自分もその仲間入りを果たしたのだとどこか嬉しくもありました。しかし、しかしですよ。
やっぱり重たいものは重たいです・・。

そう思いながら北穂高岳の山行から、次の槍ヶ岳の山行で、できる範囲で装備の取捨選択をしてみました。すると、背負った時の重量感が圧倒的に楽になった気がしました。やはり軽量化はある程度快適に登山を進める上で重要な項目なようです。

【北アルプス】素晴らしき上高地から北穂へ行ってきた【テント泊】
はじめに 登山を初めて数年。聖地と言っても過言ではないであろう上高地には、未だに足を踏み入れていませんでした。 理由めいたことは特になく、ただ「自分にはどこか早い」という謎の思いがあったからです。 そんな思いを抱いていましたが、テント泊装備も揃えそれなりに山行の回数も増えてきた。経験的にも...

そこで、巷で数年前から主流になりつつあるUL(ウルトラライト)や、ファストパッキングに習って、自分の登山装備の現状を把握し、見直していきたいと思います。

UL(ウルトラライト)に向けて、実際に登山装備の軽量化をしてみた!
はじめに 前回、あまりに重い登山装備に疑問というか「なんでこんな重いねん。」という思いが。それを受けて、ちょっとした軽量化に挑戦してみました。 この時は、自分が一体何キロ背負っていたのか。必要なものと不要なものを考え実際に初心者なりに軽量化してみました。 結論からすると、小物類を減...

続きの記事はこちら

自分は一体何kg背負って歩いていたのか?

今回の一番の核心はここです。重たいといえど、今後の軽量化に向け、まずは自分がどれ位背負っていたのかを具体的に数字にしてみます。ダイエットでも最初に図りますよね?体重

装備の重量に関して、メーカーの数値をそのままとっても良いのですが、何せ時間がかかる。それに、スタッフバッグ込みなのか、はたまた抜きなのかも判然としないので、手持ちの計りで実測することとしました(ザックは除きます)。

A,テント用品・ザック・寝袋関連

①ザック:バルトロ65L,Mサイズ(Gregory):2300g
②テント本体:ステラリッジテント2(以下②~⑧はmont-bell):681g
③フライシート:ステラリッジテント2用:424g
④ペグ・引き綱:151g     ⑤グラウンドシートステラリッジ2用:200g
⑥ポール:371g        ⑦寝袋:ダウンマルチブランケット#5:359g
⑧マット:フォームパッド120:224g
⑨クロックス:460g

合計:5170g

B,食事関連

①ナルゲンボトル1L:179g
②ジェットボイルマイクロモ(ガス込み):574g
③食器(アコーディオン何たら):100g
④カトラリー:11g
⑤マグ:154g
⑥プラティパス1L:25g

合計:1043g

C,ウェア類

①グローブ(ミレー):33g
②レインウェア:ストームクルーザージャケット・パンツ(mont-bell):453g
③ダウン(marmot):252g
④ウェア類:約900g
⑤スタッフバッグ:64g
⑥サコッシュ(marmot):38g
⑦財布(mammut):51g
⑧ガベジバッグ(mont-bell):58g
⑨キーケース:87g

合計:1936g

D,カメラ・バッテリー・小物類

①カメラ(OLYMPUS OMDEM5MarkⅡ):923g
②カメラップ(mont-bell):64g     ③バッテリー(iphone):271g
④バッテリー(カメラ):54g      ⑤ヘッドライト(milestone):96g
⑥ヘッドライト(mont-bell):34g            ⑦カラビナ(mont-bell):43g
⑧登山地図:88g                 ⑨エマージェンシーキット・歯磨き:242g
⑩トレッキングポール(REKI):520g      ⑪ヘルメット(mont-bell):226g
⑫小型三脚(Manfrotto):268g      ⑬小説:241g

合計:3070g

A~Dの合計は?

 

5170g+1043g+1936g+3070g=11219g≒11.2kg

となりました。尚、D-⑪とD-⑫は写真を忘れていましたので追加しました。

・・・測ってみるとやはり中々重たいですね(笑)
実際は、この装備に追加して水と食料が追加されるので、実質13~4kg位になると思われます。
尚、これがベースウェイト(装備の全重量から水・食料・燃料を除いた重量)と言われるもの。
※トレッキングポールも除く事が慣例のようですが、今回は含めて計算しています。

ベースウェイトは今後軽量化を図るうえで重要になるらしいので覚えておきます(ジェットボイルは燃料も含めトータルな気がしますので割愛)。

 

ちょっとした軽量化をしてみた。

ひとまず自分が一体何kg背負っていたのか分かりましたね。それにしても約11kgは重たいわけです。(笑)
この装備は北穂高へ2泊3日の道程で行った時のもの。そして9月末に行った槍ヶ岳では、ある程度装備軽量化の必要性を感じていたので、手っ取り早くできる範囲で軽くしてみました。

【北アルプス】憧れの槍ヶ岳、そして西鎌を経て双六岳へ【縦走】
秋山シーズン真っただ中。秋の上高地から槍沢を得て槍ヶ岳、西鎌尾根、双六岳と辿ってきました。紅葉や天気に恵まれた山行は、忘れられないものとなりました。西鎌尾根はそこまで難易度も高くなく、お勧めの稜線歩きです。

減らしたものリスト

下記が必要性を考えた上で、削除もしくは減量した物のリストになります。減量したものには➡で減量後の重量を記しています。

A-⑨クロックス:460g
テント泊中そこまでトイレに起きない。槍ヶ岳山荘周辺をそこまで散策しないことからカット。


B-①ナルゲンボトル1L:179g➡いろはす500mlボトル(12g)×2本に置き換え(-155g)
単純に重たい。基本的に飲む時しか取り出さないのである程度素材が弱くても大丈夫と思いカット。

B-③食器(アコーディオン何たら):100g
B-⑤マグ:154g
今回はジェットボイルで上記を代用。使用後は除菌シートで拭き取り。一度湯を沸かすため煮沸殺菌もされると考えカット。



C-④ウェア類:約900g➡約400g(-500g)
1泊2日もしくは2泊3日。行動用と寝間着・街中移動着のセットにカット。

C-⑤スタッフバッグ:64g
C-⑧ガベジバッグ(mont-bell):58g
ウェアが減った分、スタッフバッグは不要。ガベジバッグに関してもフリーズドライしか食べないので普通のビニール袋に代用。

C-⑨キーケース:87g
山では不要。



D-⑥ヘッドライト(mont-bell):34g
大きなものに一元化。
D-⑦カラビナ(mont-bell):43g
 クロックスを止めていたものだったので自ずと不要。

D-⑧登山地図:88g ➡外装・冊子除去で33gに(-55g)
箱・冊子(コースガイド的なもの)は山行中読まないので不要
D-⑬小説:241g
 iPhoneに電子書籍としてダウンロードしたので不要

減量合計:1951g


 

素人目線で考えて減らしてみましたが、どうでしょう。数字にして約2kgとなると、丁度2Lペットボトル1本分。だいぶ道具を減らした分、それなりに重さを削ることができていたようです。これで最終何kgになったかというと・・

11219g(減量前)ー1951g(減量した物)=9268g(減量後)

ベースウェイトはこれで10kg以内となりましたね。
体感的にも、槍ヶ岳登山は少し楽に感じたような気がします(気の持ちようもありそう)。

 

ちょっとした軽量化をしてみて思った事

今回、小物を中心に持っていく物を減らしてみましたが、減らすものの多さに比べて、そこまで重量は変わらなかったなぁというのが率直な思いです。コスパ悪いです。
劇的な減量を目指すのであれば、選択肢としてはテント類やザック・ポール、クッカー、レインウェアが挙がります

 

素人目で調べてみましたが、レインウェアは値が張る割にそこまで重量に大差があるような感じではなく、どちらかというとテント類やザック・クッカーを変えたほうが費用対効果(コスパ)は高い気がします

自分の場合ジェットボイルの早さは魅力的に感じますが、お湯を沸かすだけなら他の機材に代用できるのでは?とも思えます。それに重量が10kg前後になった現在、ザックに関しても見直すことができそうです。それに伴いポールも不要に・・

と色々と思いつくことがあり、まとまりがつかなくなりそうなので今回はこの辺りで一度締めます。(笑)

まとめ。思慮の浅い軽量化は死を招くかも。

今回装備の見直しを通して軽量化を目指しましたが、軽量化の目的は、あくまで登山の快適化移動距離が延びることの必要性を感じたからです。移動距離が延びれば、その分行ける山も増えるかもしれませんし、何より天候不調のリスクなどの回避に繋がるかもしれません。

とはいえ、装備を削るというのは安全性や快適性の欠如に繋がるリスクをはらんでいます

そのあたりの兼ね合いが難しいー。なんだかなーと言った印象です。一筋縄ではいかないあたりが楽しいですけど。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

  1. 匿名 より:

    ウルトラライトのデメリットを考えずに軽量を考えるのは違うのでは。
    11kgが重いなら単純に体力不足、モノに頼るのはそのあとではないでしょうか

    • kurekure より:

      コメントありがとうございます!
      確かに11kgで重たいと感じていたあたり、当時の自分は単純に体力不足だったかもしれません・・。
      まずは体力をつけてみて、それでも辛いと感じるのであれば登山用品の見直し。というのも一つの見方だと思います。

      ウルトラライトのデメリットについてはこの記事ではあまり触れていませんでした。ご指摘ありがとうございました!

  2. 匿名 より:

    テントを軽くてコンパクトなのにするのが一番早いんじゃないですかね
    そうすると場所が空くのでザックも軽くできます
    両方で2kgはいけるはず
    体力的な余裕が一番リスクを減らすと思いますしモノに頼れるところはさっさと頼ったほうが良いですね

    • kurekure より:

      コメントありがとうございます!
      なかなか日々トレーニングに行けるものでも無いですし、仰るとおりモノに頼れるところは頼っちゃおうよ!とつくづく思いますねー。

タイトルとURLをコピーしました