登山装備

ポイズンリムーバーが要るとか、要らないとか。

登山装備
この記事は約4分で読めます。

一見理にかなっていそうな風貌と、チープな見た目。にも関わらず見た目にそぐわない吸引力から、登山やキャンプでは必携とされているエマージェンシーキット

そう、ポイズンリムーバー。

「必要だから」「みんな持ってるから。」

という出自の分からない情報をみつつ、とりあえず自分も購入。

ただ必要性は分かるんだけれど

やはりなんだか腑に落ちない。

ならば腑に落ちるまで

効果があるのか調べてみようじゃないの。

という記録。

ポイズンリムーバーを使う場面とその使い方

ポイズンリムーバーとは、文字通り体内に入った毒の除去を目的とした製品

ポイズンリムーバーが活躍する場面といえば虫に刺された時だったり、蛇に噛まれた時など、刺した(噛んだ)生物の種類にもよりますが、それなりに有事の時。

そんな時に活躍するとされているポイズンリムーバーの使い方を確認すると、大体がこのように書かれています。

刺されたりより刹那、器具を患部に当て、吸ひたまへ(意訳)

と。

要するに虫に刺された(蛇に噛まれた)ら、可及的速やかにザックからエマージェンシーキットを取り出し、患部に当て、吸引を行う必要があります。

ここで気になるのが

果たして刺されたことに気がつくのだろうか。

という点。

キャンプや登山で刺してくる生物一覧

屋外で出会いがち、遭遇した途端に熱い接吻・ボディタッチを求めてくる困った虫達をざっと調べてみました。

気づかない・気づくの境目があることをお忘れなく。

生物刺されていることに症状(疾患)
気づかない発疹・痒み・腫れ
ブユ(ブヨ)気づかない発疹・強い痒み・腫れ
アブ気づく発疹・強い痒み・腫れ
ハチ(ススメバチ)気づく疼痛・発疹・強い痒み・腫れ・AS
マダニ気づかない灼熱感・痒み・ライム病・SFTS
ヒル気づかない出血
毛虫(チャドクガ)気づく発疹・強い痒み

この一覧で見て欲しい項目は、刺されたことに気がつきやすいのか否か

屋外で遭遇する虫のほとんどは、刺されている時には気づかない

痒みや痛み・腫れてから初めて、刺されたことを自覚するのです。

昆虫に刺された場合、患部は諸々の生体反応(アレルギー反応や外的刺激)により赤く腫れて、痒み(痛み)が出現してきます。

患部周囲が腫れた(浮腫)段階で刺された患部の穴は多少なりとも圧迫されているわけです。

ポイズンリムーバーでの毒液除去効果は、個人的には皆無だと思っています

登山系メディアの意見を見てみる

ここでポイズンリムーバーを推したり、そうでなかったりする登山系メディアの見解だったり、その中で引用されている著書からの一文を拝借。

要約すると

効果があるかもしれないし、無いかもしれんわ。

という感じでしょうか。

真っ先に行なうべきとされていた、ポイズンリムーバーでの毒の吸引。しかしやらないよりは多少は良いかもしれない、程度の効果のようだ。

https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=1615

ハチなどの有毒生物に刺された時に直ちに患部に押し当て、ピストンを引いて陰圧で吸引するツールである。刺咬直後であれば毒を吸い出す効果が多少は期待できる

夏秋優著 虫と皮膚炎

ポイズンリムーバー不要という結論に落ち着きました。

こうなってくると多少なりとも重量があり、嵩張るポイズンリムーバーをエマージェンシーキットに含む持っていく利点は、全く感じられません

極力肌を露出しないとか、虫除けスプレーを使うとか、刺されたあとに有効なステロイド外用剤を持っていくとかの方が、よっぽど虫さされには効果的であるように思います。

もちろんショーツは履きます(圧倒的開放感)。

重要なのは虫さされを予防することと、刺されたあとのケア

  • 外出時は肌の露出を減らし、虫よけスプレーを携帯する
  • 虫に近寄らない
  • 虫にさされたり咬まれたら、患部を流水で洗い清潔にする
  • 市販薬で症状をおさえる

以上は塩野義製薬からの引用。このあたりは気が向けば別記事にまとめようと思います。

ではまた。

引用・参考文献

昆虫学を拓く-昆虫による皮膚炎-

タイトルとURLをコピーしました