solo in the mountain#3を公開中!
動画はこちら

サムネイルからポスターまで。canvaはまさに自由自在なキャンバス。

ブログ運営
この記事は約4分で読めます。

TwitterやInstagramなど各種SNSサイトのヘッダー画像から、ブログや公式サイトのサムネイル、ポートフォリオ作成からイベント告知のポスター、結婚式の招待状まで。Googleや広告業界が示すように、アイキャッチ画像などは多数の方の目に留まるようなデザインである必要があります。

そこで今回は直感的で使いやすい。何でも簡単に作成することができるcanvaをご紹介です!

canvaとはなんぞ。

「あらゆるものをデザイン。」

このキャッチコピーに相応しい機能をcanvaは備えています。canvaはオーストラリア発のグラフィックデザインツールで、PCだけではなくスマホアプリにもなっています。SNSやデザイン面において、一個人ができることはほぼできるんじゃないか・・。という程度には機能が充実しています。

canvaでできること

ブログのアイキャッチのデザイン
SNS用のヘッダー・投稿用デザインの作成
ポートフォリオの作成
ポスターの作成
バナーの作成
メッセージカードの作成
ロゴの作成 

とりあえず現代で目にしない日はないと言っても過言ではないこれらのデザインが本当に簡単にできます!素晴らしいです・・。本当に。

これらの画像はこのブログのアイキャッチ画像ですが、作成だけなら5分程度で済むこともあります!

canvaをおすすめするワケ

実際にcanvaを使ってみましょう。

使ってください。本当に簡単です。

何はともあれまずは何事も会員登録からです(無料)。フェイスブックやグーグルアカウントでもcanvaでの会員登録をすることができます。

デザインテンプレートを選択して、簡単に自分好みに調整できる。

実際に使ってみるととても簡単。豊富なデザインテンプレートが用意されているので、好きなものを選択し、自分の使いたい画像を挿入しても良いですし、文字のフォントを変更するのも良いでしょう。

デザインテンプレートだけではなく各種SNSアイコンやフリー画像、背景があるのでまずはどれかを選んで練習すると良いと思います。

今までであればフォトショップを起動して、画像を選択して切り抜いて・・等割と面倒な工程がありました。しかしcanvaであれば全てがサイト内で完結しますし、スマホである程度編集しておいて仕上げは自宅のPCで・・。ということも可能です。

それに自分はデザイン初心者。おしゃれにデザインされているテンプレートを使用することができるので毎回どうデザインすれば良いのやら・・。といった迷いや、アイキャッチ画像において失敗することは劇的に少なくなりました。

canva内に用意された豊富なフリー画像が良き。

カメラから花の画像、はたまたパンケーキの画像まで。今までブログのアイキャッチ画像を作成する場合は海外のよく分からないフリー画像サイトや、日本であれば「ぱくたそ」等の外部のフリー素材サイトから画像を保存して、アップロードして・・。という手間がありましたが、canvaはその必要がありません。

デザインの作成中にフリー画像をそのまま使用することができるのです。

検索タブに「パンケーキ」と入力すればご覧の通り。王冠マークが付いているものおよび「無料」の表示がない画像やテンプレートを使用する場合は課金する必要がありますが、フリー素材でも十分なクオリティの画像が使用できます。

好きな形に切り取ることから透明度を変えて透かしを加えてみたり。輝度から色調、明るさの変更まで・・、。

とりあえず何でもできます。

デザインの保存はPNGもしくはJPEG

作成したデザインはPNGもしくはJPEGで保存できます。

1ページ以上のデザインを保存する場合は、zipフォルダでの保存となるので一度保存してから解凍する必要があります。画像だけのデザインであればJPEGでも良いですが、イラストや図形などが含まれている場合であればPNGでの保存が良いでしょう。

canvaの編集画面はこんな感じ

画像の色調をいろいろなフィルターで変更するも良し、たくさんあるフォントから画像やブログ記事の内容に沿ったものを選択するも良しです。編集画面上部に機能の全てが表示されているため直感的に編集でき迷うことは少ないと思います。

一部機能は課金制となっていますが、ブログやSNSのサムネイルを作成する程度であれば無料版でも十分なクオリティのデザインができます。

最後に。何でも自分で作れるようになった。

SNSやブログのサムネイルだけではなく、仕事で使う履歴書やプレゼンの資料、結婚式の招待状までもこのcanvaで作成できます。作れてしまうのです。高い金額を払って何でもかんでもを式場にお願いする時代が終わったのかもしれません。まぁブライダル市場のことはよくわからないですけれど・・。笑

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました