solo in the mountain#9を公開中!
動画はこちら
ブログ運営

整理してやる!散りに散らかしたこのブログのカテゴライズ。

ブログ運営
この記事は約4分で読めます。

いつかやろう」は馬鹿野郎

この野郎

ということで身を切る改革というか、先延ばしにしていたブログのカテゴライズをしましょう。

このブログの記事のカテゴリーは大きく分けて4つ

足掛け5年程度やってきたこのブログ。だらだら続けていた結果、記事数は200+α程度となりました。少ないながらも飽き性の自分が、よくもまぁここまで続けているもんだと思います。

そんな当ブログの記事を現在構成しているのは大きく分けて「登山」「アレコレ」「旅行記」「カメラ・写真」の4つのカテゴリー。

カテゴリーによって記事数のばらつきは大きいですが、今後はもう少しメインテーマである登山以外のことも書き連ねていけたら。と思っています。特に登山系の記事ばかり投稿していると、まるでどこかのメディア然となってしまい方向性を見失いますが、あくまでこのサイトはブログという立ち位置

自分の好きなように書いていきたいと思っています。

となってくると、気になってくるのは散らかり始めている記事のカテゴライズでした。

登山のカテゴライズについて

当ブログを始めたきっかけでありメインテーマ。

このカテゴリーは更に山行記録・登山装備・登山コラムと小分類しています。現在このブログに掲載してる登山関連の記事に関しては、この3つの小分類のままで大丈夫そう。

カテゴライズも細かすぎると手に負えないので、登山装備のメーカーや山行形態(テント泊や縦走)についてはタグで小分類するように心がけています。

旅行記とカメラ・写真のカテゴライズについて

友人や彼女、家族と宿泊したホテルのことや、旅の備忘録的なものは旅行記のカテゴリーとしています。

旅行メインのブログ・サイトであれば更に細かく分類していくのでしょうが、今のところそこまで記事数も多くないし、こんなご時世なので一辺倒に「旅行記」で良いかなと。

そしてカメラ・写真のカテゴリーに関しては今現在カメラ・周辺機材のコト、現像のことについて記事があるので、一括ではなく2つ程度にカテゴライズ。

問題は「アレコレ」のカテゴライズ

ここで「アレコレ」というカテゴリーについてよく考えてみると、整理できているようで整理できていない。「後で片付けるから、とりあえず入れとこう。」とタンスにアレコレ詰め込んでいる。といった印象を持ちます。

このカテゴリーの引き出しを開けてみると、家族のことだったり、結婚のことだったり、芸能人のことだったり、愚痴だったり。とにかく雑記らしい内容が並びます。

雑記というか日記でしょうか。

最も閲覧数の少ないカテゴリーを整理する意味とはなんぞや。となっている自分もいますが、今後を考えると、やはりある程度のカテゴライズしておいたほうが、後悔せずに済みそうだとも思うのです。

・・・。

20分程度頭を悩ませましたが、結論は出ず。すでに挫けそうです(意志薄弱)。とりあえずアレコレという無責任はカテゴライズ名はやめて、ブログらしく日記とすることにします。

あくまで自分が書きたいことを書けば良いんです。

そして自分が振り返る時にわかりやすければ、尚良い。そして小分類として、家族のことだとか、身体のことだとかの分類にするのが、現状ではベター?

というわけで、現状「アレコレ」カテゴリーにある記事に関しては、内容別にカテゴライズしてみました。

カテゴライズ結果

ブログのカテゴライズ結果

当ブログ「雑記」だった記事たちのカテゴライズ結果は、現状で6つになりました。

家族のこと、仕事のこと、買ったもの、身体のコト、お金のこと、そしてブログ運営の6つ。このどれにも属さない場合は「日記」として、親カテゴリーに分類することとしましょう。

お金に関することは、自分自身記録していきたいと思っていたのでこの際カテゴリーを作りました。何事も形から入るタイプなんです、昔から。

ブログのカテゴライズを考える上で参考にさせて頂いたサイト

ブログエンジョイ勢として、ブログ運営ガチ勢さんのサイトを参考にさせていただくことが専ら。調べればそれなりに答えは見つかるし、本当に良い時代。ブログ運営に慣れだすと気になるSEO対策だったりは、未だにチンプンカンプンですが、最近は「こういう記事は割とPVあるな。」というのが分かるようになってきました。

それはともかく、今回ブログのカテゴライズを考える上で、参考にさせていただいたサイトを勝手に紹介しておきます。

ブログのカテゴライズは読んでくださる方のためだけではなく、快適なブログ運営にはきっと欠かせないものだと思います。一番は続けることですが、やはり見ていただくこともある程度念頭に置く必要があるだろうと。

それにしても、先延ばしにするクセはいくつになっても、まとわりつきますね。いつか痛い目を見そう。

ではまた。

kureをフォローする
yuruyama
タイトルとURLをコピーしました