solo in the mountain#7を公開中!
動画はこちら
雑記

正しいとは限らないトイレの座り方。

雑記
この記事は約4分で読めます。

中国からの観光客が多い商業施設などでよく見かける、トイレの使用方法のアナウンス。

未だに洋式トイレの貯水タンク側を向いて用を足すだなんて信じられないですし、実際に目の当たりにしたこともありません(当然ですが・・。)

トイレで行う事。これ即ち排泄行為は羞恥心が伴う行為であり、できる限り個室で行いたいもの。何なら男性小用便器に対しても未だに若干の抵抗感を抱いている方も多いのではないでしょうか。

今回は、看過しがちなちょっと下世話なお話です。

アンビリーバボーなトイレの張り紙

サムネにもさせて頂いたこのトイレの使用方法についての張り紙。中国からの観光客が多い施設のトイレでの注意喚起です。改めて見るとアンビリーバボーな張り紙。

貯水タンク、もしくはトイレの蓋に何らかの愛情を抱いているようにしか見えない。

ともかく東京や大阪などの都心部だと、トイレの度に目に付くことも多いと思います。

そしてこの張り紙を見ている以上、自分も勿論排泄行為の最中です。普段よりも物事を冷静に捉えることができていたと言えましょう。だがしかしこのトイレの張り紙を見るにあたり

「中国人はトイレすらロクに使えないのか。」

としか考えていない自分がいたと吐露しておきましょう。何故マナーを守れないのかまで頭をフル回転させることを忘れていました。

知ってみよう。おとなりチャイナの排泄事情

行く先々で利用するタクシードライバーに尋ねると、やはりマナーの悪さが顕著なのは中国人だそう。確かに街中で大声を荒げたり、道中やら店内で排泄をするなど、何かと悪目立ちしているのは中国人のイメージです。

排泄に関して言えば上記の記事を参照すると分かる通り、中国では昔からトイレ環境の劣悪さには定評があるようで、著しい発展を遂げた現代においても、未だに都市部を離れるとその劣悪さは健在なのだとか。

ニーハオ(こんにちわ)トイレの存在

観光している姿を見てわかる通り、中国人は「個」よりも団体で行動することが多いようです。そしてこれはトイレにも共通しているようで、昔の中国の一般家庭ではトイレを設けておらず、共有トイレがコミュニティの場とされていた一面があるそう。

その名残りからこのようなプライバシーの無い公衆トイレが主流になったようです。(笑)
マナーの悪さと言い、中国人の多くは羞恥心をどこかに忘れてきたようです。
とはいえ集団を重んじる中国の文化。核家族化が進む日本社会は学ぶべき所があるのでは・・。

独居老人は軒並み悲惨ですよ。

多種多様な排泄姿勢があるのでは

かの中国ですが人口は世界トップクラス。様々な習慣であったり習わし、マナーなど文化の類もそれぞれであるように、トイレに関してもまた多種多様な種類があるそうです。

トイレの形状が違えば排泄時の姿勢も違うわけで、中国本土のトイレでは様々な注意喚起の掲示がなされているそうです。是非一度目にしてみたい。

日本では和式便器を見ないことも多くなってきましたが、洋式便器が普及した時はきっと便座の上に足を置き、さも和式便器のように座っていた人がいるはず。和式便器のルーツを辿ってみると、中国のニーハオトイレとなんら変わりはありません。

日本の方が悪名高きニーハオトイレで、観光先のトイレに日本語で注意喚起がされている可能性があったというわけです。

もしかすると洋式便器の座り方は他にあるのかもしれない。

という視野をもって自分の文化との違いを「拒否」するのではなく、まずはその違いはどこから生じるのか。文化的な差異は何なのかを知ろうとすることが大事なのではと思います。

否定することは簡単です。

統一化されつつあるトイレ(文化)の多様性

排泄中に誰かと会話する、ニーハオトイレといった異文化。排泄は恥じるものであるという、全世界を占める文化に染まった今の日本人には、到底理解し難い文化です。何なら経済成長著しい中国国内でも、欧米の価値観が取り入れられ今やニーハオトイレの存在は忌むべき過去の産物となっていることでしょう。

しかしながらもしかすると、世界のどこかにはトイレすらない地域があるかもしれません。

着衣が洋服である以上、この先洋式トイレにとって代わる新たな便器が台頭することはないでしょうが、色々なトイレ(文化)があったに違いない。

そのような多種多様な文化に対して広い気持ちをもって、今後はトイレ内の張り紙を読むことができます。

まとめ。トイレは綺麗に使いましょう。

街中で入ったトイレ。どうしてこうなった・・・。という見るも無残なトイレを見ることも珍しくありません。何故床に大便が・・。なんてこともしばしば。

文化は違えど、きっと好き好んで排泄物をまき散らしている文化なんぞ無いと思うのです。

間に合わなかったにしろ、変に汚してしまったにしろ、紙を詰まらせたにしろ、

後に使う人のことを考え、トイレは綺麗に使いましょう。

そしてお食事中の方、どうも失礼しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!(笑)

スポンサーリンク
kureをフォローする
yuruyama

コメント

タイトルとURLをコピーしました