テント泊

山行記録

赤岳鉱泉でゆるふわハイク!での学び

ピークハントだけが全てでは無いでしょう? というわけで今回は家族を引き連れて、冬へ足を踏み入れた赤岳鉱泉へ行ってきました。美濃戸口から始まる紅葉ハイクと、赤岳鉱泉での真白な新雪ハイクを楽しむことができました。 2020年7月頃に、家族ともども暴風の中を進むこととなった白馬岳登山。この山行...
山行記録

家族と共に爆風の中へ。白馬岳への1泊2日テント泊登山

全ての行動には責任が伴う。 そんなこと言ってたら何もできなくなっちゃうよ! しかしこと登山において、この言葉通りに慎重に計画・判断すべきであったと痛感したのが今回の白馬岳登山でした。 今回の白馬岳登山の大まかな計画とルート、行動時間について 今回は栂池自然園から入山し白馬大池を経由。...
山行記録

北から南へ。晩秋の八ヶ岳を縦走してきました。

登山する山域によっては雪山もありうる、ある意味登山では一番むずかしい時期である10月下旬。今回は世間がハロウィンで賑わっているのを尻目に、八ヶ岳で登山を楽しんできました。 決してハロウィンぼっちというわけではない。 1泊2日の行程で北八ヶ岳ロープウェイを起点に...
2019.12.19
スポンサーリンク
山行記録

岳沢から前穂高岳と奥穂高岳を経て、紅葉を待つ涸沢へ登山を楽しんできました。

紅葉に染まる涸沢カールを観に、岳沢から前穂高岳・奥穂高岳を経て涸沢でテント泊をしてきました。上高地へはパノラマコースで下山しましたが、穂高連峰の眺望が抜群でした。
2020.04.19
山行記録

黒戸尾根を経て甲斐駒ヶ岳。そして仙丈ヶ岳へ登山してきた。

お盆の連休期間こそ晴れてくれたものの、今年の夏のお天気はどうにもいまいちだった印象です。 今回は南アルプスの貴公子である甲斐駒ヶ岳、そして女王と称される仙丈ヶ岳へ1泊2日のテント泊装備で登山してきました。今年ももちろん?1年ぶりに日本3大急登とされる黒戸尾根から登ってきました。 ...
山行記録

柏原新道を通り、目指した爺ヶ岳はガスの中。

各地の梅雨明けが発表され、ついに到来した2019年の本格的な夏山シーズン。 パッとしない天気が続きますが、あの突き抜けるような青空はいつ拝めるのでしょうか。 さて今回は歩きやすいと噂の柏原新道を通り、日本300名山および新日本100名山となっている爺ヶ岳に登ってきました! 爺ヶ岳につい...
2019.08.04
山行記録

梅雨のまにまに、西穂高岳を目指してきた!

アルプスが呼んでいる。 気がする。 というわけで梅雨時の2連休。登山には持て余し気味なお休みを天気とにらめっこした末に西穂高岳に登ってきたお話になります。 西穂高岳について 北アルプスに属する西穂高岳。穂高連峰(北穂高岳、奥穂高岳、前穂高岳、西穂高岳)の中で唯一、標高が3000mに満...
登山装備

しがない個人が目指すウルトラライト。そのテント泊装備を見ていきませんか。

軽量化。いわゆるウルトラライト(UL)目指して早1年。ある程度装備が固定化しつつあるので、テント泊装備を晒してみます!ファストパッキングなど何かの参考になれば幸いです。
2019.01.22
山行記録

雲と紅葉と時々雪と。白馬三山縦走の山旅へ。

紅葉の白馬三山を1泊2日でテント泊縦走してきました!s今シーズン初のエビの尻尾には驚きました。 涸沢も良いですが、こちらも歩いて欲しいと思わせる素晴らしい紅葉と稜線歩きでした!
2019.07.13
山行記録

平成最後の夏。遥か薬師岳から、雲ノ平を経て槍ヶ岳へ。後編

夏山縦走記録の後編。夏を締めくくるにふさわしい、薬師岳から雲ノ平、鷲羽岳を経て槍ヶ岳へとテントを背負って縦走した記録になります。
2019.07.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました