旅行記

白馬でオススメの民宿、源泉の宿まるいし。

旅行記
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

2022年の2月下旬、家族で白馬八方スキー場を利用した時に、かねてから気になっていた白馬八方温泉まるいしに宿泊しました(源泉の宿まるいし)。

リーズナブルに泊まれてお部屋やお風呂はとてもきれい、そして何より食事が美味しかったということで、個人的に白馬に宿泊するなら泊まってほしい、めちゃくちゃおススメのお宿です。

スポンサーリンク

白馬八方温泉まるいしへのアクセスと周辺スキー場までのアクセス

白馬八方温泉まるいしの所在は以下。白馬八方バスターミナルから徒歩5分、JR白馬駅からは車で8分という好立地。駐車場は宿から少し離れたところにありますが、20台まで無料で駐車することができます。

最寄りの白馬八方尾根スキー場までは徒歩5分程度。白馬八方尾根スキー場の地図で言うと名木山ゲレンデが最寄りになりますが、ゴンドラまで歩くことも可能(遠く感じる)。ただ個人的には名木山ゲレンデから滑ってゴンドラ方面まで行く方が良いと思いました。

そしてウインターシーズンに気になるのが各スキー場のアクセスだと思うので以下に主要スキー場までの所要時間を記しておきます。

スキー場名所要時間
白馬八方尾根スキー場徒歩5分・車2分
白馬岩岳スノーフィールドスキー場車5分
エイブル白馬五竜スキー場車10分
Hakuba 47 ウインタースポーツパーク(白馬47)スキー場車10分
栂池高原スキー場車15分

特筆すべきは料理の品数の多さと満足度。

白馬八方温泉まるいしの最安宿泊料は8000円(記事執筆当時)。

シティホテルだとちょっとした朝ごはんor夕ご飯がついている値段帯ですが、まるいしでは朝夕食込みでこの値段。そして何よりお料理の質・量共に非常に良い。Googleや楽天のレビューでも食事に関しては概ね高評価で、実際に母・妹も大満足だったようです。

まるいしでは馬肉を追加注文できるので、今回は地酒の飲み比べセットと合わせて注文。

美味。

飲み比べはお酒の一覧も提供されるので、飲み比べながら楽しめました。

夕食は最後のデザートにたどり着くまでにお腹一杯になるくらいの料理が提供されます!

まるいしでは朝夕ともに長野県産のお野菜を使うことにこだわっているそうで、野菜・肉・魚とバランスのよいご飯。朝ごはんはバイキング形式で、朝から彩り豊かなお野菜がたくさん摂れます。

因みに自家製でお米も作っているらしく、旅の思い出にと我が家でもいくつか購入しました!

お宿は決して新しくも広くもないけれど。

白馬でも指折りの民宿まるいしですが、元々はスキー客のお宿として栄えていたようで、その名残は宿の地下にある乾燥室を見ると、なんとなく垣間見えます。

白馬のお宿はどこでも乾燥室というか、スキー板やブーツを保管できるスペースがあるんでしょうか。

それはともかく、白馬八方温泉まるいしは決して広くない宿ですが、長野五輪の記念ピンズや綺麗な押し花(本当に)などなど滞在中も楽しめる良い民宿。正直なところ最初は「思っていた以上にレトロだな。」と不安に思っていましたが、室内(今回は和室に宿泊)はキレイで、店員さんの対応も申し分なし。

総じてお得すぎるお宿だと思いますし、今後も白馬に訪れる際は必ず泊まりたい宿の候補となりました。

肝心のお風呂も決して広くはないけれど

源泉の宿まるいしではもちろん八方温泉を楽しむことができます。

大浴場自体はそこまで広くない、むしろ中浴場くらいの規模です。しかし源泉かけ流しでトロッとした温泉を静かに楽しむことができました。

家族風呂を使うこともできるので、ゆっくり家族で楽しみたいという方はこちらを検討するのも良いかと思います。

総じてお得なまるいしへ

源泉の宿まるいしは1万円弱で朝夕食がついてそのクオリティは大満足。そして綺麗なお部屋とかけ流しの温泉、そして白馬ゴンドラへのアクセスも抜群となると、やはりお得感満載な宿なんだと思います。リピーターが多いのも納得の、非常に良いお宿に巡り合ったな−という感じです。

スキーでの滞在や登山前後の宿として利用するのもよし。今後もお休みさえあれば利用したいですね!

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました